水素水に関する疑問を解決

水素水の基礎知識

最近、「水素水」という単語を聞くことが多くなっていませんか?
コンビニやドラッグストアで売られていることもあるので、どんなものなのか興味を持っている方も多いかもしれません。
周りに話を聞くと「水素水は体に良い」とか、「ダイエットに効果があるらしい」なんていう噂も耳にします。
しかし、そもそも水素水ってなんなの?という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、今回はまず水素水について説明していきたいと思います。

そもそも水素水とは一体なんなの?

水素水というと、水素が関係しているという事はなんとなく想像できると思います。
そもそも水(H2O)とは水素(H)と酸素(O)の化合物なので、水素は最初から入っているのですが、そこに更に一定以上の水素ガスを溶解させた水が、水素水と呼ばれています。
つまり簡単にいうと、水素水とは普通の水よりも水素がたくさん入っている水、ということになります。
なお、水素水は活性水素水、電解還元水と呼ばれることもあります。
水素水は作り方によって溶解している水素の濃度が異なりますが、分子状水素医学シンポジウムでは、水素の含有量が0.08ppm(ピーピーエム)以上のものを水素水とすると定義しています。

水素水は作れます

では、どうやって一定以上の水素のガスを溶解させているのでしょうか。
水素水の作り方には、大きく分けて3つの方法があります。

まず1つめの方法は、水を電気分解して水素を発生させ、水に溶解させる方法です。
水の電気分解は、学校の授業で行ったことがある人も多いかもしれませんね。
家庭用の水素水サーバーで作られる水素水は、この方法で作られていることが多くなっています。

2つめの方法は、マグネシウムを使用する方法です。
水にマグネシウムを入れると、化学反応によって水素が発生します。
その水素を水に溶かすことで水素水を作っています。

3つめの方法は、水素ガスを水に溶解させる方法です。
気体の水素を水の中に直接溶かすことで、高濃度の水素水を作り出すことが可能になっています。

水素水には様々な効能があります

水素水が一定以上の水素が溶けている液体だという事は理解していただけたと思います。
しかし、水素水を飲むとどんな効果や効能が期待できるのでしょうか?
水素が溶けているだけで、なぜそんなに周囲の人が関心を持っているのか分からない、という方もいるかもしれません。
しかし、実は水素水は、美容や健康、疲労回復など、幅広い分野において効果が期待できるといわれています。

活性酸素除去に役立つ水素水

その理由は、水素水が活性酸素を除去する効果が期待できるといわれているからです。
人間は呼吸をして常に酸素を体内に取り入れていますが、その過程で取り入れた酸素の一部が強い酸化作用を持つ活性酸素に変化してしまうことがあります。
この活性酸素は、適度な量であれば殺菌作用で体内を守ってくれます。
しかし、増えすぎると正常な細胞や遺伝子を攻撃したり、生活習慣病を誘発するなど、体に悪影響を及ぼしてしまいます。

水素水はそんな活性酵素と結合して、中和・還元することで活性酸素の量を減らしてくれる働きがあると考えられているのです。
そのため、美容や健康、疲労回復などに効果が期待できると言われています。
では、具体的にどんな効果が期待できるのでしょうか?